読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初civ6マルチ報告 その3

komykomy7.hatenablog.com

civ6-hsimyu.hatenablog.com

レポを始める前に今回のマルチの日本視点とドイツ視点からのレポ。何よりスクショがちゃんとあり、こちらのスキタイレポより面白くわかりやすい。

 

勢力図

f:id:Dumannios:20161126170159p:plain

 

 

前回エジプトとドイツからの挟撃の危機を脱したスキタイ、というか上の二人のレポを見るとだいぶスキタイが空回りしてることがわかる。軍事スコア1位で他国から攻め込まれるのをやたら気にするスキタイの姿は完全に狂人のそれである。例えるなら街中でナイフを持ってやたら周囲を気にしてブツブツ言ってる不審者のようなものだ。恥ずかしい!

前回終盤にアラビアが日本に宣戦布告し日亜戦争が勃発。日本は予想通り前世でアラビアからかなりの恨みを持たれてるようだ。

その後少し経つと日本の都市高松がアラビアに取られる。

 

 

ここで日本からチャット。

 

 

 

日本「スキタイの介入予定ある?」

スキタイ「ないよ」

日本「それが一番助かる」

 

 

 

もうこの時点でスキタイの今後の方針は軍事スコア1位の利点を活かして他文明を牽制しつつ内政に励む方向に決まっていた。説明するとこの時のスキタイの軍事スコアは1位ではあるがスキタイ軍は時代遅れの騎乗兵がメインでしかも騎乗兵やサカ族騎兵での機動防御を重視しているため城壁関連や弓などの技術さえも全く取っていない。軍事1位は完全に張り子の虎である。そして今は中世。都市国家はいくらでも何とかなるがプレイヤーがインストールされているドイツやエジプトに喧嘩を売って古典ユニットの騎乗兵を数だけは揃えてるスキタイ軍が都市の周りを略奪して妨害する以上の動きが出来るとは思えないし、エジプトとドイツが組んで二正面作戦になれば下手すると逆侵攻される可能性もある。日亜戦争の方もわざわざ大陸の逆側まで遠征するのも費用対効果が薄い。都市に自動的に防衛力がつく土木建築が研究できるまで戦争は避けたい。

 

ここでアラビアからもチャットが飛んでくる。

 

 

 

アラビア「辺境でゴタゴタしてますがドイツ軍がこっちに向かってきています」

俺「結構派遣してる感じですか?」

アラビア「それはわからないですがあわよくばを狙ってるみたいです」

俺「今見たらドイツのスキタイとの国境は結構厳重な感じです」

 

 

 

これはスキタイにドイツに攻め込んでほしいということだろうか。しかし今回アラビアは引っ掻き回そうという魂胆がミエミエの上に日本に宣戦しているので既に非戦に舵を切ったスキタイとはイデオロギーの違いで正直印象が悪い。というか先ほど書いたこちらの懐事情で戦争はできない。エジプトとの取引の際にアラビアがエジプトを狙ってることもリークしたので今後仲良くするのも難しい。それにドイツがスキタイとは反対側に派兵しているということはスキタイと事を構える気はないと思っていいだろう。というわけでここでドイツにチャット。

 

 

 

俺「アラビアからドイツがアラビアに向かってるとのこと」

俺「こちらに戦争の意思なし」

 

 

 

ここでドイツに恩を売っておく。ドイツから感謝の言葉とアラビアはもう既に潰れそうという情報を受取る。これは嘘だろう。日本から取った高松を維持してる時点で日本が劣勢なのは公然の事実である。割と腹を割って話しているのだがあまり信用されていないようだ。隣国だから当然か(軍事スコアもやたら高いし)。アラビアにはスキタイとの国境線にドイツのユニットが詰めてるという嘘をつき(本当はドイツのユニットなど影も見えない)遠回しに攻めたくても宣戦できないことをアピールする。その後も何度かアラビアからドイツに宣戦するよう促されるが曖昧な返事で躱し続ける。平和を愛するスキタイはプレイヤー同士の争いなどに関わってる暇はない!さあ内政タイムだ。

 

 

 

筆者は正直今作の内政があまりよくわかっていない。civ4の時から内政するのは好きだが得意なわけではないのだ。特化都市などワカランチンである。最初に都市国家を攻めて自国都市を増やした理由も都市を増やし内政の拙さを全体の出力でごまかすためである。今回、全ての都市で商業ハブを設けひたすら金策に走る。civ6ではゴールドがあればたいがいのものは買える。交易路を最大まで増やし大商人を生み出して科学系の施設を買いまくる。civ4の大商人経済の応用である。上手くいけばいいが。

 

 

 

上手くいった。なにこれ凄い1ターンに500近くもゴールドが入ってくる。大商人も5人くらい生まれてなんか凄かった。マップを見ればエジプトに交易ユニットを送りまくってラクダが連結してムカデのようになってた。ムカデ人間である。今作の交易システムはかなり重要のようだ。覚えておこう。そして都市で作った錬成陣の中心に大商人で儲けたゴールドで都市と工場を作り内政はほぼ完了である。このまま工場のような広範囲に影響を及ぼす建築物を中心部に建てブーストしたハンマーで科学勝利を達成したい。

この辺りでスコアを見ると

 

 

 

軍事 スキタイ

信仰 日本

文化 ドイツ

科学 アラビア

 

 

 

各スコアの首位。スキタイは軍事以外のスコアは大体3番目といった感じだったが、科学スコアを見ればスキタイは持っている技術数が少なくスコアの伸びは悪いものの技術力自体は1位のアラビアの3倍近い数字だった。始める前は全く考えもしてなかったが1位が見えてきたことで勝利方法に思考を働かせる。今作のマルチでは科学勝利に方針を定める。核を撃ちまくったほうが確実性もあり早いのだがここは浪漫を求める。

 

 

 

前後に日本とアラビアからチャットがあり、どちらからも日亜戦争にエジプトを巻き込みたいという相談を受ける。エジプトにも確認を取ったところ、どうやら日本にアラビア側での参戦に乗り気のようだ。今回スキタイとしては同盟国であるエジプトの意思を尊重したいということ、アラビアが負けると日本に宗教勝利を達成される可能性があること(宗教周りがどんなものかわからず対抗しようがない)、前世で日本プレイヤーのこみやまにエジプトプレイヤーが使い潰された挙句に核を撃たれてしまったことには同情的(核の件は自業自得な部分はあるが)だったこともあったため、エジプトに復讐の機会を与えるべく日本の信仰スコアが高いことをエジプトに警告しておく。エジプトがアラビアに宣戦して逆侵攻された場合スキタイは助けに行くのも難しくそれなら日本を狙わせてドイツと戦線を開かせたほうがという目論見もあった。軍事同盟が役に立っていることをアピールしなければ感謝もされない。そして日本と同盟関係であるドイツがエジプトに宣戦した際はスキタイがエジプト本国の防衛を担うことを約束。エジプトは現在軍事スコア2位なので上手くいきそうならスキタイもドイツに宣戦しドイツの国力を削ぎエジプトを助けるというルートも考える。

 

その後エジプトとドイツの国境に騎乗兵を複数張り付かせる。これはドイツと交戦してないスキタイのユニットを都市の間に置くことでドイツのユニットをエジプトに進めなくする通行スパムである。ゲームシステムをまだ把握してないため本当に効くかどうかわからないが少なくとも牽制にはなるだろう。

 

ここでエジプトが対日宣戦布告、同時に日本の同盟国であるドイツもエジプトに宣戦。スキタイは上に書いてあるとおりドイツ国境に10ユニットを張り付け様子見。

 

エジプトェ「エジプトは……日本を潰す!」

ドイツ「愚かなことだ」

日本「防衛協定のゴールドを受け取っていながら日本を裏切るとは……」

 

 

エジプトは前世で犠牲になったのだ……。犠牲の犠牲にな。

どうやらエジプトは日本に協力する約束を取り付けた上で裏切ったようだ。スキタイが唆したせいもあるが前回プレイでも終盤に同盟国に宣戦するなど謎のムーブを見せたりとエジプトプレイヤーは面白い。今後のマルチでも状況が許すなら積極的に支援をしたいところである。

 

 

 

俺「我々スキタイは平和を愛する文明である」

中国「何か言ってる」

ドイツ「中国も何か言って!」

中国「我が国は海底へと帰還する」

 

 

 

目ざとい読者ならお気づきかと思うが今回6人マルチなのに5文明しか大陸におらず、殆どのプレイヤーが未発見の中国は既に幻の文明と化していた。アトランティス

 

ちなみにエジプトは日本に宣戦したはいいものも大量の日本・ドイツユニットに殲滅され戦果を得ることもないまま帰還していた。やはりエジプトプレイヤーは面白い。

スキタイはドイツ・エジプト国境間のユニットを張り付けたままドイツに対する牽制を続けながら今回のマルチは終了。ゲーム終了後アラビアがスキタイのスコアを見るように全体チャットで他プレイヤーに危機感を促してた。アラビア自体日本との戦争で国力にリソースを割かれてる上に、ここでスキタイ以外の全てのプレイヤー間で対スキタイ連合が組まれても利害がぶつかって上手くはいかないはずだ。あり得るのは海を渡って海岸からアラビアが攻めてくることくらいだろうか。ある程度海岸線の防備を固めつつ隣国のエジプト・ドイツが機を見て攻めて(可能性は非常に低いと思うが)こないように気をつけなければならない。次回に続く。

 

 

 

 

                        おまけ

f:id:Dumannios:20161127034939p:plain

                    imaginary boy

 

初civ6マルチ報告 その2

 

f:id:Dumannios:20161125030853p:plain

簡易地図

 

やばいやばい!どうしようまずい!前回ドイツとエジプトのスキタイ方面に対する露骨な拡張を感じ悶々とした末に日本に挟撃の打診を送ったのだが良い返答はもらえなかった。その後、一晩考えたのだが………。

 

 

よし、ソウルを落とそう。

 

 

もう考えるのはやめ、スキタイ右下の都市国家ソウルを襲撃し宗主ドイツが宣戦してきたら騎兵を使った二正面作戦で叩き潰すことに決定する。幸いドイツまでの道は平原が広がっており騎兵ユニットに有利だ。今まで作っておいたユニットを西方面軍として国境沿いに張り付け、新たに作ったユニット群を東方軍としてソウル攻めに向かわせる。

正直なところソウル攻めを決断するにはかなり判断が遅い。都市国家のテクノロジーが進み騎乗兵だけで都市を攻めるのは難しい上に宣戦解禁の50ターンは超えてしまっている。これが致命的にならないと良いが。

 

ここで最後に日本にチャット、日本のこみやまは外交好きなこと(いい意味でも悪い意味でも)に加えて以前から知っているので 連絡を取りやすい。近場に領土がないためテクノロジーが進まなければ脅威にならないのも情報を共有するメリットは大きい。ドイツ・エジプト・日本で同盟が組まれてた場合でも一番遠いので寝返らせて同盟を組める可能性もある。

まずスキタイの状態について以前のドイツから都市国家を取られて圧迫されてることに加えエジプトが反対側に都市を開拓したことも報告する。ここでカマかけで日本の仮想敵国はドイツかどうか聞いてみる。

 

 

こみやま「いやアラビア」

こみやま「ドイツとは仲いいよ」

こみやま「もしかしてみんな今回も国境の拡張を外交で相談してないのか」

 

 

ここで思わぬことに気づく。あれ?そういえば前回のドイツとエジプトは根回しや外交をしっかりしてなかった印象がある。その後も日本に向けて明らかに戦意を隠さないアラビアの情報とエジプトがゲームに慣れてないとの情報も入手。

うーん、もしかして挟撃は俺の勘違いなのだろうかとの疑念がよぎる。もしかして日本は特に今回暗躍してないのだろうか?前回のレポの印象が強烈なせいでめちゃくちゃ対スキタイの連合の発起人と密かに疑ってかかっていたが、もしかしたら今度からもっと素直に友好的に接してあげたほうが良いのかもしれない。その考えから日本に永久同盟の提案をする、「スキタイがドイツに攻められた場合のみ参戦して欲しい」という内容の要請で見返りはその後の隷属。正直今回スキタイは勝利を目指してるわけではない。序盤にリタイアさせられるよりは主従関係を結んで1つの文明を勝利に導いても良いのだ。

 

 

こみやま「ドイツとはめっちゃ仲いいしそれ乗るにはちょっと遅すぎたかな~」

こみやま「取り敢えず何かあっても傍観するよ」

 

 

 良い答えは得られなかった。うーむ、ひとまずは何かが起こっても1人でやるしか無い。まあ取り敢えずソウル攻めだ。あそこを攻めれば流石にドイツもコンタクトを取ってくるだろう。

 

 

エジプトの国境沿いに5ユニットを展開させソウルに8ユニットを送り込み開戦。騎乗兵を生産させ続ければ軽騎兵の城壁に対する不利があっても時間をかければ数の暴力で失陥させられるのはシングルプレイで実証済みである。

 

 

ソウルの城壁にぶつかり稽古をするスキタイの騎兵の姿を夢想し攻撃開始。

ここでドイツから「ソウル落とす感じですか?」とチャット。ソウルを囲んでスキタイの騎兵がぶつかり稽古の待機列をつくり、地平線の彼方まで取り囲んでるのはドイツにも見えてるはずだ。これは「お前うちの子分(というよりドイツ本国に)手を出すつもりか?」と解釈した方がいいだろう。

 

 

俺「迷ってたんですがエジプトが国境沿いに拡張してきたのでソウルは我が国の安全保障上の懸念から滅ぼさなければならないんです」

ドイツ「まあ首都近いし仕方ないですよね」

ドイツ「こちらツンドラで人口が伸びずそちら方面に都市を出したいんですが問題ないですか?」

 

 

これはスキタイがソウルに手を出すのは許すから拡張させろということだろう。ドイツの指定してきた土地は第二都市から場所は近いが常識的な近さだし間に川とジャングルがあり攻撃される懸念から侵攻された際にアクセスしづらいということとソウルから騎兵を出しまくることも可能なので即OKを出す。

 

 

俺「近すぎなければ大丈夫ですよ」

俺「誓ってドイツに対して領土的野心はないので」

ドイツ「ありがとうございます!その言葉を信用します!」

 

 

あれ?想像してたより話がわかる感じだ。エジプトに入れ知恵してないかを遠回しに聞いたがそんな素振りも感じられずに的が外れる。前作マルチで最初に宣戦布告していた人なだけに「オレ プレイヤー マルカジリ」みたいな感じの狂犬プレイヤーなのかとも思ったが違ったようだ。

 

 

ソウルの所有にドイツの承認が得られたため時間をかけて陥落させる。次はエジプトに対する態度を決めなければならない。が、ソウルを攻撃する前後でアラビアからチャット。

 

 

アラビア「エジプトの土地美味そうじゃないすか?」

 

 

どうやら今回の狂犬プレイヤーは日本からの情報も統合するとドイツではなくアラビアのようだ。ドイツ・エジプト連合の影に怯えていた先程までなら渡りに船だったが何となくドイツとのチャットでエジプトは単純に初心者ゆえの謎ムーブをしているという確信がありドイツからはエジプトを保護したいという雰囲気が伝わってきたのでエジプト攻目の機運はもはや下がってきているが。若干アラビアに対する警戒を高めつつも今後エジプトの対応次第ではどう動くかもわからないので、エジプトがおかしなところに都市を建てて挑発しているのということを伝えてエジプト侵攻に前向きな感じに返答してみる。

 

次はエジプトだ。ソウルをスキタイ自慢のぶつかり稽古騎兵で陥落させ先程のアラビアが好戦的だという情報をダシにし軍事をちらつかせて交渉に挑む。

 

 

 

俺「アラビアとどんな感じですか?」

俺「多分どこかがエジプト攻めてきたら挟撃するつもりですよ」

俺「攻める気がないか頻繁に聞いてくるんですよね」

俺「僕はもうソウルを制圧したのでアビドス(スキタイ国境付近に作られたエジプト都市)と挟撃される心配もないのでエジプトを攻撃する気はないんですけど」

エジプト「初心者なので何が引き金になるのかわからないもんですいません……」

 

 

 

ここで筆者ことスキタイは「どこか」なんてとぼけたことを言っているがエジプトをアラビアと挟んでるのはスキタイだ。ここである程度侵攻する可能性を見せて危機感を煽りアラビアにも狙われてるのを教えて(エジプトの立場なら挟撃されたらひとたまりもない上に反対側のアラビアを意識させることでエジプトの全軍を相手しなくて済む)恩を売りつつアビドスの位置を非難。それにしても……ふむ。やっぱりこの感じだとアビドスの件は初心者特有の謎ムーブだったのか………。心配して損した。というより1人で「挟撃されるかも!」などとはしゃいでて恥ずかしいことこの上ない。戦争になったときのために大量に作った騎乗兵どうしよう。エジプト攻めたら高確率でドイツと日本を敵に回す気がするし、思惑がないのなら攻撃する必要もない。………と、ここで妙案を思いつく。スキタイとエジプトの国境の斜め上の方にカーブルという都市国家があるのだ。何かあげるからそこを侵攻させてもらえないかを交渉する。「何か」といってもスキタイの特産品は軍事力だ。今作はユニットをプレゼントすることは出来ないようなのでここで最初のエジプト保護の方針も含めて軍事同盟を提案するとあっさり承諾。脅しが効いたのと立地が悪いため危険を感じてたのも幸いしたようだ。もしかしたらスキタイから故意に多めの情報を流してた日本からスキタイに関する情報を効いたのかもしれない。ありがとう日本。取り敢えずこれで当初のエジプトを保護しつつ近隣の都市国家の併合という本来の目的も果たせた。

 

 

会談が終わり、すぐさまエジプトと友好宣言。これで周りの文明が領土欲しさにエジプトに手をだすことはないはずだ。よくよく軍事スコアを見てみればスキタイはトップの上に他の文明に対し3倍近く差をつけていた。(実際はメインの騎兵ユニットが騎士にアップグレード出来ないため後半まであたふたしてたのだが)

まあ取り敢えず安全保障上の憂いも晴れてなくなり苦手な内政に精を出すことに。そもそも内政が苦手なので都市国家を併合し国家の出力をブーストする方針を取っているのだ。軍事ユニットが多すぎて成長が微妙なため膨大な維持費を賄うため都市を拡張し全ての都市に経済特区を建設することに決定。

 

 

そして外交、戦争、内政に励みひと仕事を終えこの日のマルチは終了というところで日本の懸念通りにアラビアが日本に宣戦布告。次回に続く。

 

 

 

 おまけ

 

 

こみやま「汁無しくんと会った?」

俺「会ったけど場所わかんない」

ほしみさん「汁無しくんどこにいるんだろう」

汁「みんな俺を探してくれ~」

 

 

謎の文明中国を探せ

 

 

 

初civ6マルチ報告 その1

今回、長い付き合いのあるフォロワーのこみやまから大規模civマルチのお誘いを受ける機会に恵まれたので報告も兼ねて記事を書いてみようと思う。

筆者はciv6をこのマルチの2日前に買った初心者である。前前作であるciv4は結構触っていたが(シナリオの1000ADのみ)4から毛色の変わったciv5は買ったものの全く触ったことがない始末。しかもマルチはciv4含めて全く触っていない。

…………………不安だ。

 

では取り敢えず参加者。

 

f:id:Dumannios:20161125004152j:plain

参加者 (俺の印象)

こみやま:日本 (強敵その1)

ねたろう氏:アラビア (強敵その2)

カニミーン氏:エジプト (初心者その1)

いいね(俺):スキタイ (初心者その2)

汁:中国 (初心者その3)

ほしみ氏:ドイツ (強敵その3)

 

前回の大規模マルチのメンバーに筆者と汁を加えマップはパンゲア

ルールは50ターンまで宣戦無し、都市国家は侵略して拡張しても良いことに。

今回は初めての本格的なcivマルチと本作には全然触ってない(+知らない人ばかりの)ためにかなり緊張していたのだが………。

 

 

こみやま「こっち(筆者のこと)は4の天帝プレイヤーだからな!皆気をつけろよ」

 

おいおいおいおい何言ってんの????

警戒されるようなヤバい情報を流すこみやま

これはまずい。まだゲーム開始前だがもう勝負は始まってるようだ…。

こみやまがこのような情報を流した意図はおそらく、前回プレイにおいてこみやまが言葉巧みに他プレイヤーを操り、戦争で疲弊させ、ほぼ全ての文明に核を落とし1位でスコア勝利するという悪魔の所業を行い、他プレイヤーからかなりのヘイトを稼いだからだと思われる。

 今回買ったばかりのciv6に全く手を付けてないこともあり、かなり前回の大規模マルチのこみやまのレポを読み返したのだが、上記のプレイの内容とレポで内情を明かしたこともありこみやまvs前回参加プレイヤー連合と言った流れになるという印象を受けた。

その証拠にアラビアのねたろう氏は全体チャットでこみやまの書いた前回のマルチレポを見るように何度も促していた。(恐らく前回プレイを印象づけてこみやまを世界の敵にするため)

 

 

まあ、そのような前世?も踏まえた世界情勢を頭に入れ(プライベートセッションにし忘れて知らないおっさん窪塚が参加するなどのトラブルもあったが)ゲーム開始。

 

 

初期位置は川に馬に石材とあと米も見える。多分好立地。

シングルで軽く触った感じの印象だが、スキタイは初期の馬を使ったユニットのラッシュが得意で信仰方面にも強い。実に戦争屋の筆者好みの文明だ。

ストーンヘンジを建てようか迷うがどうもプレイ不足なため宗教の使い方がわからない。サラディンやイカ宗などの宗教向け指導者を癖の有りそうなプレイヤー達が取っているため、ここは馬で攻めようと判断。

迷わず初手テクノロジーを畜産、生産を労働者に選択。

 

 

 

畜産と労働者を選んだ理由はそのままテクノロジーの騎乗を取りたいがためのブースト要員である。

初手労働者は初期の都市の成長でアドバンテージを取れる。蛮族の巣が近隣に発生している場合悪手だがある程度はゴールド生産の戦士で都市防衛はなんとかなる(と思う)。civ6の内政に慣れてないのでここで他のプレイヤーに差をつけられないようにしたい。

さて、ここで今回のマルチの目標だが「負けないこと」である。

「負けないこと」と言っても1位を目指すわけでなく、今後のマルチも含めてある程度他のプレイヤーに舐められないよう配慮をしつつ良い印象を残しておきたい。

CPU相手ではないマルチにおいて悪評は一番の敵なのだ。(筆者はマルチ初心者だが)

というわけでスキタイ特有の馬を使った軍事ユニットを量産しつつ都市国家を狙った拡張戦略。プレイヤーにはなるべく宣戦せず、宣戦されても都市は狙わないで騎乗兵を使い物量戦での会戦と敵資源を略奪して回り痛手を与えるゲリラ戦術を行う道連れ戦法に初期方針を決める。

 

 

 

 

f:id:Dumannios:20161124230056p:plain

 

首都のすぐ右に都市国家ソウル発見。明らかに拡張の邪魔なので騎乗兵の初期ラッシュで早めに取っておきたい。ソウルに住むスキタイ系の住民が現地民の暴動に巻き込まれ略奪を受ける可能性があるので軍を派遣しての保護を頭に入れる。

首都の人口が3になったため開拓者を作り首都の左側へ派遣。

先に左手に探索をさせてた戦士の情報によるとエジプトとドイツ、更に日本と遭遇。ドイツは左下、日本はそのさらに左。エジプトはその2文明の上のようだ。

 

 

 

そこで左側に進む戦士が蛮族の騎乗兵を発見。なっ…3ユニットも!?これは堪らないということで引き返す。騎馬民族のスキタイが蛮族の騎兵に追われてるのは何ともシュールである。…と、そこで日本プレイヤーのこみやまからチャットがくる。

 

 

こみやま「騎兵連れてくるのやめろw」

 

 

そういえば逃げた先は日本の領土内だ、だが逃げなければこちらの貴重な戦士が死ぬ。こちらは初期に労働者を生産して以降蛮族も見当たらないため戦力ユニットを生産していないのだ。

 

 

俺「他意はない」

こみやま「どう見てもこっち向かって逃げてるだろ!」

俺「我々が蛮族と意思疎通できる筈もない」

俺「誤解である」

 

 

開始時にチャットでciv4で天帝プレイヤーであることをバラされたこともありこのような受け答えをする。スキタイが騎兵を連れて領内に入ってきたのを史実から考えると明らかに怪しいが、ゲーム世界の今回では決して蛮族を連れてきたのはわざとではない。それにこみやまのさっきの情報戦と合わせてチャラということにする。

 

その後もスキタイが大陸中央部まで拡張するかどうかなどの情報を日本から聞かれスキタイは大陸の沿岸に拡張していくことを告げる。大陸中央は文明が多く山間部とジャングルに囲まれサカ族騎兵を用いた起動防御が行えないため拡張する利はあまりない。

ここでなぜ正直な情報をこみやまに流すかというと、彼のプレイレポを見る限り情報戦や根回しを好む傾向にある。彼に話した情報は公然の秘密となると考えてた方がいいだろう。ただ前回プレイヤー陣から恨まれてることもあって積極的に日本に情報を流すことで逆にこちら側から操り前回のようにこみやまに場をコントロールされているのではと危機感を他プレイヤーに与えるのもいいかもしれないという考えからである。正直なところ他プレイヤーとの戦争など不経済だし、しないに越したことはないのだ。情報を素直に出して日本をデコイにし不毛な戦争が避けられるならかなり助かる。

 

最後にこみやまからドイツとの間のブリュッセルをドイツとの牽制のため取りたいという情報を得て日本とのチャットは終了。

 

ここでアラビアとエジプトからチャットが届く。

アラビアはエジプトの左にいるらしく、エジプトは大陸の真ん中にいることと好戦的な日本とアラビアが隣なことで危機感を抱いてるようだ。

 

 

エジプト「何かあったら助けてください」

 

 

スキタイは今回、他プレイヤーに対する領土的野心はないのに加え、肥沃な大地を持つエジプトを他の経験者プレイヤーに取られれば困るので積極的にエジプトを支援する方針を頭の中に入れる。

 てか今更気づいたんだけどみんな個人チャットどうやって送ってるんだろうか?チャットの送り方が全然わからないのが露見し、密かに危機感を募らせる筆者。

 

 

 

 しばらく進んで真っ先に騎乗のテクノロジーを取って首都で騎乗兵を作り続けていたおかげで戦力が充実してきたことも有りソウルへの派兵を決意する。これは領土的野心ではなく安全保障上の問題である。都市国家と他プレイヤーに挟撃されれば二正面作戦となり戦力が分散されてしまう。と、そこでソウルを見るとドイツが宗主国になっている。………あるぇー?普通こんなとこ(スキタイの首都の真横)に都市国家あったら一言声かけてくれても良いのではないだろうか。というかマルチは初めてだがこみやまのプレイレポでは他プレイヤーとの国境付近の都市国家に対する処遇の相談とかがあった気がする………。なんだこれは?ドイツはスキタイに戦争をしかける予定なのだろうか?ストレスでハゲそうだ………。

 

 

マルチ初心者ということもありソウルに戦争していいのか悩むも、ソウルを攻撃することで現在スコア1位のドイツと変に火種を抱えたくない。幸運にも左のエジプトとは距離がある。ここに開拓者を派遣し第三都市を建てよう………。そうしよう………。と、そこで第二都市の左を見るとエジプトが都市を建てている。………あるぇー?そんなクッソ本拠地から離れたところに都市作る必要なくない?それに普通は相談するはず。もしかして喧嘩売られてるのか?これはまずい、もしかしたら既にエジプトとドイツの間でスキタイを切り取る算段をつけているのかもしれない。エジプトと同盟する方針を変えて急いで防衛のため首都と第二都市で騎乗兵とサカ族騎兵を生産する。最悪三正面から攻められることを想定して、日本にドイツとこれから先戦争するかどうか連絡を取る。

万が一スキタイがドイツ・エジプト連合と戦争になった場合日本がドイツを背後から攻めてくれればありがたい。………が。

 

 

日本「なんか序盤蛮族連れてきた人いてめっちゃ立ち遅れたんですよね~」

 

 

あっ!序盤の蛮族のやつ根に持ってやがった!

軽くなだめつつドイツ宗主のソウルに進攻したいという状況を話す。日本がドイツを背後から攻めるにしても攻めないにしても日本がドイツに情報をリークするなり何らかの手段を取るはずである。チャットが使えない今、ドイツからコンタクトを取ってくれるのは実は凄く助かる。そういう目論見もあって日本と連絡を取ったのだが。

 

 

こみやま「状況によりけりかな」

こみやま「アラビアが隣じゃなかったら乗れたんだけど」

こみやま「最初に動くと嫌われるぞ~」

 

むむっ………。どうやら日和見するようだ。全然問題は解決してない上にこの口ぶりからすると日本はスキタイにドイツを攻めてほしくないようにも聞こえる。こうなれば日本がドイツに連絡を取りドイツが何らかのアクションを取ってくれればとも思うのだが。もしかすると既に対アラビア・スキタイの枢軸を想定したドイツ・エジプト・日本連合が出来ているのかもしれないという最悪な状況が頭をよぎり。何も状況が好転せず。という場面で宣戦布告解禁の50ターン目とともに人生初のマルチの初日は終了。次回に続く。